Loading...

メニュー

アルバイトであっても派遣、契約社員であっても、様々なことにチャレンジできる、そこもマツシマの魅力です。

山本 景子

企画本部 
PRコミュニケーションマネージャー
[6年入社]

これまでのキャリア、企画の仕事について

私は以前は化粧品メーカーに勤務していました。「おもてなし」をより深めたかったこと、チームワークを重視した社風がその会社と同じだったことから、当初はSAの派遣社員として入社しました。SAの仕事はキャリアビジョンが社内でしっかり制度化されています。お客様の受付だけではなく、お店の来場者をいかにして増やすか、お客様のCXを向上させるイベントは何か、店舗スタッフを巻き込んで企画することも含まれます。またグローアップと呼ばれる全社横断的な取組みがあり、そのリーダーとしてマツシマ全社員の意識向上を支えるプロジェクトにも参加しました。

私も派遣社員から契約社員、正社員に登用され、企画本部に異動しました。企画本部はマーケティング部門、デザイン・クリエイティブ部門、PRコミュニケーション部門に分かれています。 私の所属するPRコミュニケーションでは、スポンサー活動(バスケットボール:京都ハンナリーズ、滋賀レイクスターズ サッカー:京都サンガ 芸術家:清川あさみさん等)、広報 CM(各種SNS、KBS京都TVCM、京都新聞広告、リッツカールトン京都との提携)から社内報作成、サイネージ企画(社内連絡ボード)、まで仕事は多岐に渡っています。また社長秘書も兼任しており、マツシマの飲食事業、フィットネス事業のサポートも業務に含まれます。この春からマネージャーとしてPRコミュニケーション部門を率いることも始まりました。

どんな新入社員に入ってもらいたいか


目の前の仕事、ではなく「マツシマホールディングス」という会社に魅力を感じて入って欲しいと思っています。私のキャリアではないですが、単に仕事をするのではなく、その仕事の先には様々な人、モノ、事業の広がりがあり、またステップアップのチャンスが無限に拡がっています。 あとは「行動力」のある人。どうすれば、お客様に喜んでいただけるのか。どうすれば目標を達成できるのか。一生懸命考えて、行動してみて、失敗したら素直に反省し、失敗を減らす努力、行動をする。マツシマは挑戦して、失敗する人を責めることはありません。失敗を恐れて、行動しないことを一番のリスクだと思っているからです。

ENTRY

社員一人ひとりの"夢"と"情熱"が
MATSUSHIMA 躍進の原動力です
みなさまにお会いできることを、
心より楽しみにしております

ページトップへ
ページトップへ