「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2022」を協賛します

2022.03.03
PRESS
ARTISTS' FAIR KYOTO

株式会社マツシマホールディングス(本社:京都市右京区、代表取締役社長:松島一晃、以下「マツシマ」)は、歴史ある京都を舞台にしたアーティスト主導のアートフェア「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2022」を、Premuim Partnersとして協賛します。

5回目の開催となるARTISTS’ FAIR KYOTOは、旬な現代アートが一堂に介する美術展であるとともに、アーティスト自らが展示販売を行い、来場者は出品作家と交流しながら作品購入ができる、新しい形のアートフェアです。
国内外の第一線で活躍するアーティスト、そして、彼らの推薦を受け、あるいは公募により選出された新進気鋭の若手アーティストたちの作品が「京都文化博物館 別館」と「京都新聞ビル地下1階」の二つのメイン会場に一堂に会します。
「アートを買う文化」が当たり前となることで、可能性溢れる若手アーティストが生活するために必要な「発表」「販売」「創作」の循環を目指します。

今回は新たな取り組みとして、世界遺産にも指定されている清水寺が加わり、西門、三重塔、経堂、成就院(通常非公開)の4ヵ所を中心とした若手作家を推薦する「アドバイザリーボード」らによる展覧会も開催いたします。椿昇をはじめ、加藤泉、塩田千春、名和晃平ら国際的に注目を集める14組のアーティストの代表作から新作までが展示されます。
また、「ARTISTS’ FAIR KYOTO」のコンセプトに共感した企業とともに、過去に「ARTISTS’ FAIR KYOTO」に出品した作家とコラボレーションしたサテライトイベントを7つの会場で開催します。

マツシマは「クルマを、文化に。」をスローガンに、豊かさや楽しさ、五感で感じる様々な価値をお届けできるよう取り組んでいます。その活動の一環として、「ARTISTS’ FAIR KYOTO」のコンセプトに共感し、当プロジェクトを応援するはこびとなりました。
会期中は、ARTISTS’ FAIR KYOTOとMATSUSHIMAのロゴでラッピングした「マツシマモビリティサービス」のワゴン車が、シャトルカーとして「京都文化博物館 別館」「京都新聞ビル」「清水寺」の会場間を走ります。
また、マツシマの現代アートギャラリー「MtK Contemporary Art」のサテライト展示「mtk+」では、芦川瑞季と松岡洋太による2⼈展を開催いたします。

■「ARTISTS’ FAIR KYOTO 20212」の見どころ ■

●京都の歴史的建造物3箇所がアートの展示空間に
メイン会場は、辰野金吾とその弟子・長野宇平治が設計した京都文化博物館の別館(重要文化財)と、輪転機のインクの跡や匂いの残る京都新聞ビル地下1階。そして世界遺産に指定されている清水寺。それぞれ趣の異なる舞台で現代アートを鑑賞できるのも、見どころの一つとなって人気を呼んでいます。

●作家と観客のコミュニケーションによって完成する新しいアートフェア
ペインティングからテクノロジーを駆使したインスタレーションまで、多種多様な表現手法のアーティストが鑑賞者をお迎えします。鑑賞と購入の入り混じりる視点と、アーティストとのコミュニケーションによって近づく作品世界。さらに、アーティストと批評家、ディレクターらによるシンポジウムも開催。従来のアートフェアにはない新しいアート体験をお楽しみいただけます。

●アーティストの創作活動を奨励するアートアワードARTISTS’ FAIR KYOTO 2022 マイナビ ART AWARD
若手アーティストの活動支援をするアートアワード「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2022 マイナビ ART AWARD」を開催。審査委員に飯田志保子氏、中井康之氏、山峰潤也氏を迎え、ディレクターの椿昇氏とともに「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2022」に出品するアーティストの中から受賞作品を決定、個展のための製作費や展示の場を提供し、次へのステップへと繋げていきます。

■ 「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021」の開催概要 ■

●メイン会場
日 程:2022年3月5日(土)・3月6日(日)
時 間:10:00〜18:00
会 場:京都府京都文化博物館 別館(京都市中京区三条高倉)
京都新聞ビル 地下1階(京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239)
●清水寺会場
日 程:2022年3月5日(土)-3月13日(日)
時 間:10:00〜17:00
会 場:音羽山 清水寺(京都市東山区清水1丁目294)

入場料:共通チケット2,400円、学生1,000円(要・学生証)、高校生以下無料(要・学生証)
※京都新聞ビル地下1階は無料
※チケットは、オンラインにて事前予約制
※共通チケットは2022年3月6日(日)まで利用可能
※2022年3月7日以降に清水寺会場をご覧になる場合は、観覧料600円がかかります
※本堂への入堂、参拝は、別途拝観料400円がかかります
公式URL:https://artists-fair.kyoto/

●サテライトイベントARTISTS’ FAIR KYOTO:SATELLITE 2022
日 程:2022年3月3日 ~ (各会場によって開催時期が異なります)
会 場:Artist-in-Residence賀茂なす、mtk +、藤井大丸 1F エントランス、千總ギャラリー、ygion 4F、千丸屋京湯葉本店、 COCON KARASUMAアトリウム2階
URL:https://artists-fair.kyoto/events/

ARTISTS' FAIR KYOTO京都文化博物館の別館 ARTISTS' FAIR KYOTO京都新聞ビル地下1階
重要文化財の京都文化博物館の別館(撮影:高橋保世) 京都新聞ビル地下1階(撮影:岡はるか)
ARTISTS' FAIR KYOTOシャトルカー MtK Contemporary Art
ARTISTS’ FAIR KYOTOとMATSUSHIMAのロゴでラッピングしたシャトルカー MtK+では、芦川瑞季と松岡洋太による2⼈展を開催 3/3(木) ~ 4/3(S日)

 

EXPERIENCE AND EXCITEMENT

価値ある体験と感動を。

ハイクオリティな車で、満ち足りた生活を
カーライフサービス

詳しく見る →

極上のおもてなしは、心地よい生活のために
ライフスタイルサービス

詳しく見る →

マツシマホールディングスは京都を中心に、輸入車・国産車のディーラー事業を軸として食やアートなどの文化的事業も展開し、
みなさまの「上質なライフスタイル」の創造をお手伝いしています。