MtK Contemporary Art「竹内義博」展開催(5月29日 - 7月19日)

2021.05.30

PRESS

マツシマホールディングスが運営する現代アート専門のギャラリー「MtK Contemporary Art」では、2021年5月29日(土)〜7月19日(月)の期間、サテライト展示「mtk+」の第1回目として『竹内義博』展を、隣接するCAFE Dot.Sを会場として開催します。

mtk+(エムティーケープラス)は、これから活躍が期待されるアーティストの発掘と支援を目的とした、現代アートの展覧会です。その第1回目として、「竹内義博」展を開催します。

竹内義博の代表作である連鎖シリーズは、パズルゲームの「全消し」から着想を得て制作された絵画です。パズルゲームで4つの色が縦か横で揃うと消えて、その上にあるブロックが落ちてきてまた4つ揃うと消えてというのが画面全体で連鎖的に起こり、全部なくなることを「全消し」といいます。そのゲームの世界を、アクリルを使った厚いステンシルを使い、立体的な厚い層を重ねてキャンパスに落とし込んでいます。作品でも、一つのブロックが落ちると連鎖して「全消し」になるようなブロックの配置になっています。
「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021」では、メイン会場の京都文化博物館別館の入り口付近に展示され、注目を集めました。

アート専門のYouTube番組「MEET YOUR ART」のインタビューでは、作品の意図や絵に対する考え方について答えています。
https://youtu.be/s61jfUxyKZU
 
 
■ 竹内義博 プロフィール■

1987年 高知県生まれ。
2013年 京都造形芸術大学大学院芸術表現専攻修士課程修了。
2016年 ANTEROOM × SANDWICH「365 日アートフェア」 ANTEROOM/ 京都
2016年 「西垣肇也樹・竹内義博 2 人展」TS4312/ 東京
2018年 ARTISTS’ FAIR KYOTO 2018 京都文化博物館別館 / 京都
2019年 「He:」展 らうらうじGALLERY/ 京都
2021 年 ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021 京都文化博物館別館 / 京都
伏見区に西垣肇也樹らと共同スタジオ「スタジオハイデンバン STUDIOHAIDENBAN」を運営。
 
 
■ 『竹内義博』展概要 ■
開催日時:2021年5月29日(土)〜7月19日(月) 10:00〜18:00
開催場所:MtK Contemporary Artに隣接するCAFE Dot.S
住所:京都市左京区岡崎南御所町20-1(smart center 京都,the garden敷地内)
定休日:月曜日(7月19日は開廊)
電話番号:075-754-8677
WEB:https://mtkcontemporaryart.com/
Instagram:@mtkcontemporaryart

■ 6月23日(水)紙芝居ワークショップ開催 ■
本物の墨と和紙でおえかきをして、みんなの絵をつなげて、ひとつの紙芝居をつくるワークショップを開催します。講師は、西垣肇也樹(アーティスト/スタジオハイデンバン代表/京都芸術大学講師)。
日時:6月23日(水) 16:00〜17:30
対象年齢:幼稚園〜小学生
参加料:1000円/人
定員:10名
予約方法:MtK Contemporary Artの電話・メールにてご予約お願いします。
電話番号:075-754-8677
メール:info@mtkcontemporaryart.com

 
MtK Contemporary Art「竹内義博」展