MtK Contemporary Art「タンキング・マシーン-リバース 90年代のヤノベケンジ」展開催(5月29日 - 7月19日)

2021.05.25

PRESS

マツシマホールディングスが運営する現代アート専門のギャラリー「MtK Contemporary Art」では、2021年5月29日(土)〜7月19日(月)の期間、『タンキング・マシーン-リバース 90年代のヤノベケンジ』展を開催します。

ヤノベケンジは、1990年代から現代アートの分野において、第一線で活躍しているアーティストです。サブカルチャー・ポップカルチャーの影響を色濃く受けた、大きな彫刻作品で知られています。
《タンキング・マシーン》(1990) は、ヤノベのデビュー作である同時に、90年代の日本の現代アートシーンのトレンドの一つ「ネオ・ポップ」を牽引した記念碑的な作品です。高さ240cm、幅240cm、奥行き240cmの巨大な彫刻は、卵形のタンクの中に体温程度に温められた生理的食塩水2トンが満たされ、その中で浮遊すると擬似的な胎内回帰をし、瞑想状態に入ることができるというもの。顔には、自身のライフマスクを象り、イギリスの骨董市で購入したガスマスクを取り付けました。
30年を経た2019年、ロサンゼルスのギャラリー、ブラム&ポーで開催された80年代 、90年代の日本の現代美術を取り上げた展覧会「パレルコン」のために再制作し、《タンキング・マシーン-リバース》(2019)としました(240×280×270 cm)。
2020年、新型コロナウイルスによるパンデミックが起き、世界中で都市のロックダウンや外出自粛令が発出され、社会全体が「隔離」されているなか、創造性が育まれ「再生」することを願い、《タンキング・マシーン-リバース》を京都の地で再び展示します。
また、その他のヤノベケンジの独創的な作品も併せて展示いたします。
 
 
■ ヤノベケンジ プロフィール ■
1965年大阪生まれ。1991年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。1990年アートスペース虹(京都)にて、生理的食塩水を浸したタンクで瞑想する体験型作品〈タンキング・マシーン〉を発表。以後、漫画やアニメ•特撮•SFなどのサブカルチャーを見て育んだ美意識と、「現代社会におけるサヴァイヴァル」をテーマに実機能のある機械彫刻を制作。創作の原点は、幼少期に遊び場としていた大阪万博跡地「未来の廃墟」。1997年より〈アトムスーツ・プロジェクト〉を開始。放射線感知服〈アトムスーツ〉を身にまとい、チェルノブイリなどを探訪する。21世紀の幕開けとともに「リヴァイヴァル」にテーマを移行。近年では、東日本大震災からの復興・再生の願いを込めた、希望のモニュメント〈サン・チャイルド〉を国内外で巡回展示。世界中を旅した「船乗り猫」をモチーフにした〈SHIP'SCAT〉や、災害や人類の分断・対立、疫病から人々を守る〈KOMAINU〉など大規模なプロジェクトを多数行っている。
ウェブサイト http://www.yanobe.com/
 
 
■ 『タンキング・マシーン-リバース 90年代のヤノベケンジ』展概要 ■
開催日時:2021年5月29日(土)〜7月19日(月) 10:00〜18:00
開催場所:MtK Contemporary Art
住所:京都市左京区岡崎南御所町20-1(smart center 京都, the garden敷地内)
定休日:月曜日(7月19日は開廊)
電話番号:075-754-8677
WEB:https://mtkcontemporaryart.com/
Instagram:@mtkcontemporaryart

ヤノベケンジ展フライヤー表

ヤノベケンジ展フライヤー裏