オートモビルアート展(10月30日〜12月27日)

2020.11.11

イベント情報

Kiwakotoオートモビルアート展
Date: 2020年10月30日 – 12月27日 / Kiwakoto

マツシマホールディングスグループのKiwakotoが、河原町通二条の交差点の本店で、「車」をイメージする作品に特化したオートモビルアート展を開催しています。
Kiwakotoは、伝統工芸技術とカーライフを融合するブランドで、京都らしい技術で車を改装するサービスや、ラグジュアリーなカーライフを演出する商品を展開しています。
アートを通じて、車の個体としての美しさを再認識する。そんな時間を楽しんでいただきたいと企画しました。

オートモビルアートは、海外で高い評価を受けているアートの一分野です。
アートの対象になる「車」は、カーデザイナーがデザインした個体。オートモビルアートは云わば、二次的な作品。しかしインダストリアル製品である車を、アーティストが各々に感銘を受け独自の感性によりアートに昇華した〈カーデザイナー/アーティスト〉間の表現の呼応とも捉えられます。

Kiwakoto本店初となるオートモビルアート展では、世界最高峰のオートモビルアートの展覧会『AFAS-オートモビルファインアートソサエティ』に日本人スペシャルゲストとして3年連続参加された渡邊アキラ氏、自動車雑誌CAR&DRIVERの表紙を30年超手掛ける岡本三紀夫氏、木製スクラッチで12分の1サイズのビルトカーを製作する落合匡暢氏の3名のアート作品を展示いたします。

■ 参加アーティスト ■

渡邊 アキラ | 展示期間 10/30-12/2
経歴
1980年東京造形大学・デザイン学科ビジュアルデザイン科卒業後、同年(株)東京アドデザイナース入社。1985年退社後フリーランスとして現在に至り、 2015年から4年間ペブルビーチ •コンクールデレガンス•AFAS (オートモビルファインアーティストソサエティ)展覧会にゲスト参 加。個展•グループ展多数。
主なクライアント TOYOTA/HONDA/三菱自動車/ ローバー・ジャパン/米・独フォー ド/ブリジストン・タイヤ/早川書 房/富士フィルム/タミヤ模型 他

岡本 三紀夫 | 展示期間12/4-12/27
経歴 
1951年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。日本デザインセンターイラストレーション制作部を経てフリーランス。小説ブックカバー、絵本、科学雑誌、ポスター、パッケージ等の広告用イラストレーションの制作。自動車雑誌CAR & DRIVERの表紙の絵を1984年から制作している。一度も車を運転した事がない自動車好き。助手席リアシート評論家。

落合 匡暢 | 展示期間10/30-12/27
経歴
1955年小牧市生まれ。学生時代からイラストコンテストに入賞し、6年間のデザイン会社勤務の後、1984年デザイン事務所を設立。やがて木工の世界へ身を移し、1990年木工房「遊木 香」を開設。1998年初の個展を皮切りに、2018年のロンドンと台湾を含む数々の展示会を開催する一方、中日文化センターなどでも木工講座を歴任する。現在家具製作より木工スクラッチビルドカーの製作に時間を費やす。

‘『解釈』は、ご覧いただく皆様の感性に委ねます’
by 渡邊アキラ/岡本三紀夫/落合匡暢(参加アーティスト)

■ オートモビルアート展 Classic Elegance and Sports presented by Kiwakoto ■
会場 | Kiwakoto本店 京都市中京区河原町通二条上る清水町359 ABビル1階
会期 | 10月30日(金)-12月27日(水)
時間 | 10:30~18:30 不定休    
入場無料

Kiwakotoオートモビルアート展

Kiwakotoオートモビルアート展

Kiwakotoオートモビルアート展