MATSUSHIMAの歩み

創業

大阪マツダに在職していた松島七兵衛氏は1955年(昭和30年)、「京都マツダ」の前身である「平安マツダ株式会社」を創業。資本金100万円、主な取り扱いは三輪トラックだった。

1955年12月
代表取締役社長松島七兵衛による平安マツダ株式会社の設立。
1957年6月
平安マツダ株式会社の商号を株式会社京都マツダに変更。
1972年1月
東洋工業の持ち株を買い戻し、京都マツダは100%自己資本となる。
1975年8月
松島芳明が代表取締役社長に就任。

基盤

南区吉祥院に、整備を一貫して行う八条サービスセンターを新築落成。マツダ車販売の他、こうした整備工場、中古車センター、リース、ガソリンスタンド等の事業を展開し、多角的、総合的な経営スタイルを作っていった。

1977年5月
南区吉祥院に八条サービスセンターを新築落成。
1978年7月
輸出業務開始。
1985年10月
京都マツダは本社を八条サービスセンターのある南区吉祥院に移転。

転機

1989年、メルセデス・ベンツ車の販売権を獲得し、翌年ショールームをオープン。大英断によって開始した新事業は、後にコンプレックスディーラー「KAMIG」を生む京都マツダのエポックメーキングとなった。

1989年5月
株式会社シュテルン京都設立。メルセデス・ベンツの販売権を取得。
1992年9月
株式会社ファーレン京都中央設立。フォルクスワーゲン、アウディの販売権を取得。

躍進

メルセデス・ベンツに引き続き、フォルクスワーゲンの販売権を取得。京都における輸入車ディーラーとして、着々と実績を広げ、ディーラー複合化の基礎を築いていく。

1998年7月
松島正昭が代表取締役社長に就任。
1999年11月
株式会社モトーレン京都設立。BMWの販売権を取得。

再生

多種のプレミアムブランドの車を扱う総合ディーラーの実施に伴い、「京都マツダグループ」から、コンプレックスディーラー「KAMIG」へ名称を変更。21世紀へ向けた改革が新しいディーラースタイルを生む。

2000年6月
組織機構変更に伴い、株式会社京都マツダを新たに設立。
2000年7月
会社名称を従前の株式会社京都マツダから株式会社カミッグに変更。一般名称もKMG(京都マツダグループ)から、コンプレックスディーラー「KAMIG」とし、各ディーラーの複合とサービスネットワークを推進する。
2002年2月
MINIの販売権を取得。2003年 8月株式会社カミッグ本社を西大路五条へ移設。
2003年12月
ボルボの販売権を取得。

成熟

プレミアムブランドを中心に、京都における輸入車ディーラーとしての地位を確立。KAMIGブランドの信頼と安心を次代に築いていく。

2008年4月
2007年度 関西経営品質賞 ポテンシャル賞 受賞。
2008年7月
株式会社服部モーター商会、カミッググループに加入。
2011年4月
2010年度 関西経営品質賞 奨励賞 受賞。
2012年10月
スズキの販売権を取得。株式会社平安スズキ設立。
2013年1月
株式会社ファーレン古都設立。

次代

創業60年を迎えるにあたり、株式会社KAMIGから、株式会社マツシマホールディングスへ名称を変更。企業ブランド価値のさらなる向上へ、新たな一歩を踏み出す。

2013年3月
マレーシアにて自動車整備工場 TIGER SHOJI SDN.BHD.設立。
2014年1月
会社名称を従前の株式会社カミッグから、株式会社マツシマホールディングスに変更。
2014年9月
バジェット・レンタカー事業権の取得。株式会社エムズレンタ設立。。
2014年12月
マセラティの販売権を取得。株式会社マツシマトライデントキャピタルを設立。
2015年9月
マレーシアにてアウディの販売権を獲得。RIMAU INTERNATIONAL SDN., BHD.設立。

ページトップ